FC2ブログ

Entries

Patrice Rushen/music of the earth







パッパラッパッパ~って言うフレーズがこんなにキマる曲も珍しい、
パトリース・ラッシェンの78年作。
それまではプレスティッジで女性鍵盤奏者として地道に活動、
ジャズの中でもチラチラとポップに色目を使っていたところはありましたが、
大手エレクトラに移籍した本作で本格的にヴォーカルに目覚め、
ソウル・アイドルの道を進んで行くのでした。
鍵盤の演奏テクはもちろんのこと、声が可愛いですよね。


さて、今回の選曲に他意はありませぬ。念のため。

“music of the earth”

Patrice Rushen (key,vo)
James Gadson (ds)
Freddie Washington (b)
Marlo Henderson (g)
Al McKay (g)
Abraham Laboriel (ac-g)
Paulinho Da Costa (perc)

Syreeta Wright (back-vo)
Pauline Wilson (back-vo)
Roy Galloway (back-vo)


これは豪華メンツ。
エイブラハム・ラボリエルにアコギ弾かせちゃってますね。
ドナルド・フェイゲンも認めたキレの良いベースはフレディ・ワシントン。
パトリースは“忘れな草”が入ったアルバムよりもこの頃の方が好きだなぁ。





patric.jpg Patrice Rushen/Patrice (1978)






◇桜花賞◇


暖かくなってあちこちで桜が開花し始めてきましたね。
いつの間にか春。
今年は特に、いつの間にかって感じだなぁ。



◎8 マルセリーナ 

○16 ホエールキャプチャ
▲17 トレンドハンター
△2 デルマドゥルガー
△7 エーシンハーバー
△10 スピードリッパー
△13 ライステラス



それどころではない感じで気力が出ないのですがGIなので一応予想を。
牡馬クラシック・トライアルを快勝中の2頭に健闘したマルセリーナを本命。
ヒモはなかなか牝馬らしくない強そうな名前の馬ばかりで。
(そんな理由で選んだわけではないんですけどね。)
可愛い名前は本命のマルセリーナだけですね。




予想

8→2,7,10,13,16,17 馬連流し



まぁ軽く。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://groovyhouse.blog20.fc2.com/tb.php/99-fc6e22f6

トラックバック

コメント

[C123] また失礼いたします。

アルマッケイのリズムが素晴らしい。
ジェイムスギャドソンのDrも素晴らしい。
ホーンアレンジもかっこ良いですね。
さてまた本題から外れてしまいます。m(_ _)m
G.Duke,M.Miller,D.Sanbornバンドの東京Jazz出演は前回お知らせしましたが、東京と大阪のビルボードにも出演決定!!!
東京は9月9から12日まで
クラブ公演は日本だけです。
これは行かねばなりますまい。
ビルボードは、会員ならないと良い席取れないらしいのですが、これなら入りましょう。笑)
やはり前で見たい!!!
http://www.georgeduke.com/schedule.html
  • 2011-04-13 21:16
  • 秋田県民
  • URL
  • 編集

[C124] さっすが

やはりこれだけのメンツになると、東京だけでも4日間ぶっ通しなのですね。
それぞれ一人だけでも客が呼べる格があるのに3人ですもんね。すげ。
自分は「ジョージ・デュークの音楽」が好きなので、最初はどうかな、と思ってましたが、
ビルボードライヴで演るとなっては、ちょっと行きたくなってきました。

そういえば、最近ここのアクセスが多くなってきたと思ったら、
「東京JAZZ 2011」のキーワード検索で引っ掛かってるようです。
で、アクセスしてみたらポポポポ~ンだったと(笑)

どーも、すいませんです皆さん。
でも、全然JAZZに関係ないブログ、と言うわけでもないので許して下さいまし。

[C125] 私の青春

70年代後半からのクロスオーバーブームは私の青春時代と重なって、思い出深いです。
特にサンボーンとマーカスは重要でした。笑)
80年の渡辺香津美トチカツアーが秋田県民会館に来まして、初めて見たマーカスの大派手チョッパーソロに大感激でした。
84年渋谷公会堂で見た、マーカス、ハイラム入りのサンボーンバンドがまた強力!!!
両者共ワイヤレスで2階まで走りまわりました。
92年のライブアンダーも当然行きました。笑)
この組み合わせ見るのは、もう私の人生そのものの様な特別な思い入れがあります。
楽しみです。
  • 2011-04-14 09:46
  • 秋田県民
  • URL
  • 編集

[C126] マーカス・ハイラム

マーカスとハイラム・ブロックが居るライヴでは強力だったでしょうね。
二人ともやんちゃ坊主でしたから(笑
ステージ飛び降りて暴れてたハイラムももう亡くなってしまったんですよね。惜しいな。

確かにサンボーンのアルバムと言えばマーカスですよね。
そこにデュークがライヴで加わるのもマーカス繋がりかな。偉大ですね。

[C127] 私も持ってます!

ご無沙汰しております。 
私もこのアルバム持ってますよ~~^^
そちらは毎日地震や物不足で大変でしょうが
どうぞ気をつけてお過ごしくださいね!
  • 2011-04-18 11:33
  • Kikuyo
  • URL
  • 編集

[C128] お久しぶりです

Kikuyoさんお久しぶりです。
そうですこのアルバムにはアル兄さんが参加しているんですよね。
そう言えばも一つ前のアルバム「shout it out」でも弾いていたかな。
アル・マッケイと言えばKikuyoさんでしたね。またライヴに行きたいです。

私の住んで居る所は被災地ではないので贅沢言ってられないです。
節電で至る所が暗いのと、コンビニひとつとっても物が少ないとかはありますが、
まぁ、慣れてきました。
思えば今までが明るすぎ、物が溢れ過ぎだったのでしょうね。
不自由な中うまくやりくりするのがこれからは必要な事なのでしょう。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mars

Author:mars
何だここは ここは何だ ヒヒーン

検索フォーム

QRコード

QRコード

(^^)