FC2ブログ

Entries

LUCIFER/I can see the sun in late December




残念だけど、どうしようもない。
人間は、そんな失敗や反省を胸に刻み続けながらそれでも前に進んで行く生き物なんだろうな。









ルシファーはオランダの4人組グループで、白人女性1人と、男性2人、
それに黒人男性1人という構成のポップ・グループらしい。
ヴォーカルはそれぞれとっていますが中心は女性のMargriet Eshuysのようですね。
今日はそのアルバムの1曲目を飾る、ロバータ・フラック(作はスティーヴィー・ワンダー)のカヴァー、
“I can see the sun in late December”を。


オリジナルの曲はオランダらしいと言うか、日本のポップスにも共通する、
哀愁漂うメロディーが特徴のようですが、アメリカ音楽への憧れが随所に感じられ、
この曲以外にももう1曲スティーヴィー・ワンダーやバリー・マニロウのナンバーをカヴァーしていたりします。


そして面白いのは当時オランダで活動していたエリック・タッグの名前がある所。
彼は主にキーボードで参加していますが、A面のラストでは“A fantasy”と言う曲を1曲
提供していて、これがまたその頃のE・タッグらしい爽やかな曲調だったのでした。




lucifer100.jpg LUCIFER/as we are (1975)





◇阪神JF◇

◎11 レーヴディソール
〇14 ダンスファンタジア
▲1 アヴァンチュラ

11→1,14→1,4,7,9,14,16,17 三連複フォーメーション11点。






この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://groovyhouse.blog20.fc2.com/tb.php/77-6a21bd54

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mars

Author:mars
何だここは ここは何だ ヒヒーン

検索フォーム

QRコード

QRコード

(^^)