FC2ブログ

Entries

春天2010



〇天皇賞(春)〇


なんだこのメンツw

GI馬が1頭しか居ません…。


「天皇賞(G3)」と書いてしまおうかと思いましたが、さすがにやめておこう(書いてるやん)。


阪神大賞典、日経賞、大阪杯の3大前哨戦上位馬はさすがに揃って出できましたが、それでこのメンツですか。中・長距離戦線の混沌が良く現れていますね。以前はそれこそGI中のGI馬か、ステイヤー中のステイヤーがその強さを見せつけてくれた究極のレースと言うイメージがありましたが、ここ数年で雰囲気が変わり、最近ではこの京都3200mと言うGIレースの存在意義すら論じられるようになってきました。


そしてついに、今年はあの「オールスター勢揃い(笑)」と言われた2003年の春天を上回る豪華メンバーとなってしまったようですね。絶対的な存在が居ない時、当然人気が割れるわけですがそうすると中途半端な穴狙いに走ってもたいして配当がつかないので面白くありません。逆に、こんな時ほど人気サイドで決まっちゃうケースも良くあり、配当も結構おいしかったりします。


とは言え、さて難しいぞ。
一番人気はフォゲッタブル。とりあえずこれはぶっ飛ばしちゃいましょう。
せめて菊花賞は勝っていて欲しかった。アルナスライン並の馬かも。10歳(当時9歳)馬ゴールデンメインに2kgハンデ貰って勝ったステイヤーズS、52kgの軽ハンデ馬ベルウッドローチェが2着に突っ込んで来るダイヤモンドSに勝ったと言っても…このステップは良くないですね。これで1番人気では買う気が失せます。


んで、どうも軸が定まらず今回はBOX勝負で、一応印はつけておきましょう。


◎16 マイネルキッツ 
〇12 ジャガーメイル
▲14 メイショウベルーガ
△7  ナムラクレセント
△8  トーセンクラウン

今年は阪大より日経賞組のレベルが高いと見た。
そこを59kgで勝ち、何だかんだ言っても天皇賞馬の16が◎。
調教が良いらしい12が対抗。重賞善戦マンがここでも善戦(笑)か。
上がり勝負で14が浮上、牝馬だからとナメるなかれ京都3勝斤量変わらずで。
菊花賞3着はダテではない7が一発叩いて、前々に行って日経3着は期待が持てる8が穴。

以上馬連BOXで。
まぁこんなに期待が持てない古馬GIも珍しいので軽く買っておくのが賢明でしょう。




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://groovyhouse.blog20.fc2.com/tb.php/37-31c285e4

トラックバック

コメント

[C45] ごっつぁんでした

今回も当たりました。調子良過ぎです。
今年のGIは終わってみれば実績のある馬がちゃんと来ているレースがほとんどで、「なんだこりゃ」と言うような変な荒れ方をしていないから助かってます。私のようなマトモな予想しかできない人向きの流れになってますね。

さて、来週は荒れ荒れのNHKマイルカップ。
今度は今までのように一筋縄では行かないと思います。思い切って超穴狙いで行きましょうか。。。
  • 2010-05-06 00:01
  • mars
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mars

Author:mars
何だここは ここは何だ ヒヒーン

検索フォーム

QRコード

QRコード

(^^)