Entries

無罪判決⑭ Kenji Oomura


“UMEDONO”






今回無罪判決を勝ち取ったのはジャパニーズ・フュージョンのこのアルバムだった。
おいおい、このアルバムを処分品裁判にかけようって言う事自体が間違いでしょ。
検察(この場合は私の事ですが)気が狂っとる、と思う人も多いでしょうね。


もともと、この頃の和モノ・インスト・フュージョンは好きじゃないんですよ。
嫌いではなくて好きではない。この微妙なニュアンス。
ライヴなら楽しめるんだろうけど、レコードやCDでかしこまって聴けないんですね。全部じゃないですが。

ジャパニーズ・ロック黎明期に共通するような「憧れ」がにじみ出すぎている音。これが苦手。
まだJ-ROCKのようにヴォーカルがあれば良いのですが、インストでは誤魔化しが効かない。


しかしこれは1978年、ハーヴィー・メイソンのプロデュースでバックはまだデビュー前のTOTOの面々やシーウィンドにリー・リトナー、エイブラハム・ラボリエル、グレッグ・マティソンなどそうそうたるメンバーで固められ作られた悪かろうはずがないアルバムなんです。

なんです、けど、やっぱり頻繁に出して聴く作品とはならなかった。
今回久しぶりに最初から聴いてみても、つかみであろうはずの1曲目“left handed woman”のなんともズンチャカズンチャカな日本人的フュージョンをこのそうそうたるバックメン達にやらせている勿体なさが残念過ぎて、初めて耳にしたその残念なイメージが思い出されてしまったのですが、聴き進めて行くうちにこれはしっかりと大村憲司のアルバムなのだと言う事に今更ながら気が付いた。
何か「真似事」感の強かった当時のジャパニーズ・フュージョンと言うイメージが、存在感のある大村氏のギターで見直された思い。著名プロデューサー&ミュージシャンに負ける事なく自分の存在をアピールしたこのアルバムに敬意を表したくなりました。



まぁ、それでも次に聴くのは当分先になるかな。
でもその時のために取っておきましょう。







omurak-kenji.jpg 大村憲司/KENJI-SHOCK (1978)





この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://groovyhouse.blog20.fc2.com/tb.php/322-ffcbb83b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mars

Author:mars
何だここは ここは何だ ヒヒーン

検索フォーム

QRコード

QRコード

(^^)