Entries

無罪判決⑫ Billy Cobham





“electric man”by Billy Cobham & NOVECENTO feat. Brian Auger



不要CDを処分し始めてから1年が過ぎ、売った枚数は100枚を超えた。
売却金額も十数万になると、これはもうBOOK OFFなんて行ってられないなと。オークション万歳\/
これが一通り終わると売れ残りをざっくりまとめ売りして、次はアナログレコード盤の処理へと続く。
まだまだ果てしない作業となるわけですが、引っ越しのためにそろそろスピードを上げていかなければならなくなって来ました。

さてさて今回処分を免れたのはビリー・コブハム。
あー、これも買っていたなあ的なこのアルバムはイタリアのジャズ・ファンクユニット「NOVECENTO」とのコラボレーションで、ジノ・ヴァネリがゲスト参加しているのでついポチッとしてしまったのですが一、二回聴いてそのままになっていたのかな。まぁだいだいのCDはそんな感じでipodに取り込むまで行く曲はそんなに多くはないわけですが、存在そのものまで忘れてしまうともうこれは処分対象にまずなるわけです。

聴き直してみるとジノはまぁいいとしてのっけからかなり骨っぽいインストが飛び出す、それはもう7~80年代フュージョンを彷彿する渋さなんですね。
ビリー・コブハムのテクニカルなドラムがしっかりと音の柱となっていて、それはもうイタロ・フュージョンの枠を超えた仕上がり。曲名や歌詞も全て英語になっているのであくまでもこれはビリー・コブハム側から仕掛けられたモノなのだなと。
ゲストもジョージ・デューク、ジョン・スコフィールドなんてまるでコブハム-デュークバンドの再来みたいなところからイタリア圏でもおなじみのブライアン・オーガーやヴォーカルでジノの他にチャカ・カーンも参加と豪華。
しかし音は今のアメリカでは出せないハイパー・ヨーロピアン・フュージョンとなっていて、アルバム作りに対するコブハムの思惑がすぐに伝わって来るものとなっていますね。

いやー、このNOVECENTOのベースラインいいなぁ。画像を見る限り女性プレイヤーですね。やるやる!



billycobham3.jpg Billy Cobham & NOVECENTO/Drum n Voice vol.3 (2010)





この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://groovyhouse.blog20.fc2.com/tb.php/320-44a3e49b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mars

Author:mars
何だここは ここは何だ ヒヒーン

検索フォーム

QRコード

QRコード

(^^)