Entries

無罪判決⑩ Andraé Crouch





“you gave to me”






最近のはわかりませんが、こと70年代のブラック・ミュージックにハズレは少ない。

だから処分品裁判にかかるのは白人系音楽が主になってしまいがちなのですが、それでも黒人系がまったく無いわけではなく、今もこうしてジャッジにかかっているCDが隣に堆く積まれているわけでありますが、今回処分を思いとどまったのがアンドレ・クラウチ。

まぁゴスペルですから?信者でもなんでもない自分はその雰囲気だけを楽しむには適度にコンテンポラリーでうってつけのアーティストだったわけです。この人のアルバムは何枚も持っていますが、クルセイダーズやデヴィッド・T・ウォーカーらを集めた名盤「Take ma back」後に出された今回のこの「This is another day」は少し地味な存在として自分の中では位置づけられていたのでした。
でも、何なんでしょうこの、いざ聴いてしまえば気分が良くなってしまうこの音楽的にも質の高い楽曲の数々は。

もちろん、ジーザスだのハレルヤだのがてんこ盛りなんだけど、そんなものは超越した音楽的魅力がやっぱりこのアルバムにもあるんですね。もちろん、曲の配置も練りに練られた素晴らしい構成。



次に聴くのは何年後かわかりませんが、めでたくこのアルバムも無罪放免となりました。



acrouch-thisis.jpg Andraé Crouch & DISCIPLES/this is another day(1977)



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://groovyhouse.blog20.fc2.com/tb.php/318-f8546233

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mars

Author:mars
何だここは ここは何だ ヒヒーン

検索フォーム

QRコード

QRコード

(^^)