Entries

無罪判決① Randy Goodrum




Randy Goodrum feat. Mary Macgregor “second chance at love”





いよいよ「引越し」を現実的に考えなくてはならなくなってきた。
インターネット上の話ではなく実生活において、である。
40数年生活してきた家を引き払う、となると並大抵のエネルギーではできない話となってくるが、
とりあえずウォーミングアップとして自分の持ち物を処分して行こうと。

聴かずに放置してある大量のCD、レコード。
どうせならヤフオクで少しは現金に、と言う事で只今処分か持ち続けるかのジャッジをしているところです。


ヤフオク行きか、数年後の新居(?)行きか。
部屋の隅においやられた円盤達はドキドキしながらそのジャッジの時を待っているわけです。


まずザックリと処分候補の円盤を抜き出します。
そして本当に不要か、を見極めるため再聴をするわけです。
これがまた大変。早めに始めて良かった。何ヶ月もかかるぞこれ。


今後はその中でめでたく処分保留、、
いや傍に置いておくべきと判断したアルバムを紹介して行きましょう。
やっぱり音楽は一度聴いて判断するものではなく、間を置いて聴き直したほうが良いですね。
新たな魅力を発見できるかもしれませんよ。


と、言うわけで今回セーフだったのはRandy Goodrumの「Fool's Paradise」。
チラッと聴いただけで放っておいたのですが、これって1982年作だったのですね。
AOR終焉のイイ時じゃないですか~。ジェフ・ポーカロも叩いてるし。
危うく手放すところでした。


そのうち本家(GROOVY HOUSE)に載るかもしれません。
そんな隠れた良作がまだたくさんありそう。


楽しみではあるがこれがなかなかの労力が必要な作業です。






randygoodrum.jpg Randy Goodrum/fool's paradice (1982)






この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://groovyhouse.blog20.fc2.com/tb.php/309-7b378766

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mars

Author:mars
何だここは ここは何だ ヒヒーン

検索フォーム

QRコード

QRコード

(^^)