Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://groovyhouse.blog20.fc2.com/tb.php/299-68b0723b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

CALDERA “Shanti”







カルデラで唯一CD化されていない3rdアルバム「time and chance」から。


輸入レコードを漁るのが日曜日の楽しみだった中学生時代に、偶然裏ジャケでEduardo del Barrioを見つけ思いきって買ってしまった(カット盤で安かったと言う事もあり)このレコードがカルデラとの出会い。


エキゾチックなラテン・ジャズの流れの中、「太陽神」での繋がりでLarry Dunnが手掛けたこの1曲が飛び出した事に当時は喜んだものでした。


しかし実のところ彼が絡むカルデラでの代表曲は“sky islands”だったと気付いたのはずっと後になってから。アルバム一枚聴いただけでノーマークにしてしまうにはもったいない音経歴を持ったグループだったですね。




caldera-time.jpg CALDERA/time and chance (1978)





この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://groovyhouse.blog20.fc2.com/tb.php/299-68b0723b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mars

Author:mars
何だここは ここは何だ ヒヒーン

検索フォーム

QRコード

QRコード

(^^)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。