FC2ブログ

Entries

Joe Sample/Sample This



“fly with wings of love” by Joe Sample






ジョー・サンプルが亡くなった。

ここのところ、立て続けだ。
昨年のジョージ・デュークから、リッキー・ローソン、ウェイン・ヘンダーソン、そして、ジョー・サンプル。

そんな訃報などつゆ知らず、昨晩無性に“spiral”が聴きたくなってしまい、ついでに“keep that same old feeling”でノリノリになって、しまいには「free as the wind」、「street life」まで夜中に聴きまくってしまったのは、偶然ではなかったのかもしれない。これがまさしく虫の知らせと言うやつか・・・。


音楽の魅力に取りつかれた時代の名プレイヤーがどんどん居なくなる。

時代は移って行くものだが、正直、まだ早い。
こちらはまだそんなつもりは無いのに。



ジョージ・デュークの追悼特集と言うことで続けている当ブログですが、このアルバムも紹介しようと考えていた。3週ほど、早くなってしまいましたが。これは、デュークがジョー・サンプルをプロデュースした1997年のアルバムである。内容はズバリ、サンプル(クルセイダーズ)のセルフ・カヴァー。往年の名曲がさらに円熟味を増し、味わい深くなって帰ってきたサンプル・ファン必聴の一枚だ。ここではデュークはお忍びでレコーディングに参加しているが、どちらかと言うと彼に対する深いリスペクトを感じさせる、ツボを心得た的確なプロデュースを行っているところが光る作品だ。マーカス・ミラーやダイアン・リーヴスなどデュークに近いミュージシャンを使っているようでいて、ギターはディーン・パークス、ドラムスはスティーヴ・ガッドを持って来る所はさすがの一言。ジョー・サンプルを聴かせるには王道が一番、と言ったところか。


謹んで、ご冥福をお祈り申し上げます。




samplethis.jpg Joe Sample/sample this (1997)







この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://groovyhouse.blog20.fc2.com/tb.php/284-0ff7cde2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mars

Author:mars
何だここは ここは何だ ヒヒーン

検索フォーム

QRコード

QRコード

(^^)