Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://groovyhouse.blog20.fc2.com/tb.php/281-edf602ee

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

101 NORTH/forever yours






“forever yours”by 101 NORTH





1991年、デュークは101NORTHのセカンド・アルバムを発売する。とはいっても、この2ndは1stとは全くコンセプトの違うものだった。今回はズバリ、ヴォーカルを全面的に打ち出したブラック・コンテンポラリー。しかし彼のオリジナルアルバムで聴けるヴォーカルナンバーとはまた異なる、あくまでもプロデュースに徹したものであり彼のカラーはそれほど強くはない。レコーディングメンバーこそデュークはもちろんNDUGUやバイロン・ミラーらが名を連ねているものの、今回101NORTHと言うグループの正式なメンバーはお馴染みカール・カーウェルを中心として女性二人を含めたボーカル3人組に当時デュークが育てていた新進サックス奏者、エヴァレット・ハープを加えた4人であった。1stは気心の知れた仲間とブラック・テイストが潜んだニュー・エイジ・ミュージックをやる実験的バンドだったが、今回はどうやらこの4人を本格的に売り出す為に101NORTHを仕切り直したと言うことだろう。ニュー・ジャック・スウィングなタイトル・ナンバーは思わず口ずさんでしまうサビメロがかなりいい線を行っているし、カールよりも目立つ女性陣のヴォーカルもなかなか上手い。しかしながらタイトル・ナンバーのつかみはしっかりしているものの、アルバム全体としては特筆すべき所もなく如何せんボーカル陣のルックスも垢抜けきれずと言ったところで、セールスは思惑通りに上手くいかなかったようだ。それでもフレディ・ワシントンやロバート・ブルッキンス、ポール・ジャクソンJr.、マイケル・ランドゥ、カルロス・リオスらも参加したサウンド・クオリティに関しては言うまでも無しです。




101-forever.jpg 101 NORTH/forever yours (1991)






この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://groovyhouse.blog20.fc2.com/tb.php/281-edf602ee

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mars

Author:mars
何だここは ここは何だ ヒヒーン

検索フォーム

QRコード

QRコード

(^^)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。