Entries

Peter Magadini/polyrhythm






“five for barbara”by Peter Magadini








プロデュース作ではないのですが、70年代のジョージ・デュークを語る上で興味深いアルバムをひとつ。ベテラン・ジャズ・ドラマー、ピーター・マガディーニの「Polyrhythm」なのですが、カルテット編成のジャズ・アルバムで曲によってはフュージョンにかなり近い作りになっている。しかしリーダー、P・マガディーニが渋いシンバルとスネア使いなのでスタイルとしてはジャズ。そんなキャラクターにデュークの新しい感性が加わってこのアルバムは“Polyrhythm”と名づけられたのだろう。ここでデュークは2曲のオリジナル作を提供しているが、とにかく全編デュークの存在感が大きい、音は違えどコブハム-デューク並みの影響力を持ったドラマーとピアニストによる双頭バンドと言えそうな内容となっている。録音は1975年、オリジナルは1976年の発売らしいが、自分が所有するのはデュークの注目度が高まった1980年の再発盤。ここではあらためて「featuring George Duke」となっていてそこはセオリー通りの商売をしていますね。


今日はマガディーニのオリジナル曲ですが、デュークが弾くエレピの響きがなんとも良い雰囲気の“five for barbara”を。





peter-magadini Peter Magadini/polyrhythm (1980 re-issue)





この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://groovyhouse.blog20.fc2.com/tb.php/266-e1a81816

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mars

Author:mars
何だここは ここは何だ ヒヒーン

検索フォーム

QRコード

QRコード

(^^)