FC2ブログ

Entries

1999



今年も残すところ1日となりました。
最後は音話にしませう。


2009年が終わりとなります。

子供の頃はどんな未来になるのだろうと考えた、
それこそ空に巨大なパイプが浮かんで何やら得体の知れない乗り物が動いている、
それこそ手塚治虫の漫画のひとコマのような世界になるのだろうと思っていた、
そんな2000年代に突入して10年。
過ぎてみればそんな事はなく、いろいろと便利な世の中にはなりましたがSFの世界とまではいかなかった10年でしたね。

音楽の聴き方は変わりました。
カセットテープっ子だったのがMD青年になり、CD-R焼き焼き男へ。
そして今ではipodを使うようになりました。ipodおじさんです。
この世界は、確かに子供の頃は想像していなかった。

でもね、肝心の音楽そのものは残念ながら2000年代に思いの強いものはありませんでした。
ipodを使っていても、聴いているのはアナログ・レコード音源だったりして。


先日、CDを眺めていたら懐かしいものがあったのに気がつきました。
発売は1999年。ちょうど一昔ですね。

これじゃ。

クラムボン

ジャケットだけならまぁ、手を出さなかったでしょうね。

小室哲哉の音楽で溢れていた1990年代の終わり、
音楽を聴く気力も萎え萎えになりつつ、
ついフラッと立ち寄ってしまったHMVの試聴コーナーで
これを間違えて聴いてしまったんですね。


ブッ飛びました。

あの時にこんな曲調の音に出会えるとは思ってもみなかったのです。
即買いでした。少し恥ずかしかったけど^^

鍵盤とベース、ドラムスのスリーピース・ユニットなんですよね。その編成も好みでした。


ではHMVの試聴コーナーにおいてヘッドホンで音量MAXにて、
そういう意味でも私がブッ飛んでしまったこの曲をお聴きください。




矢野顕子が若かったらこんな感じなんだろうなぁ、と思われたヴォーカルと鍵盤担当の原田郁子氏は、
やはり私の眼に狂いはなくその後CMや映画にも出ていたようですね。
その後のクラムボンはまったく知りませんけど(オイオイ、なんだよそりゃ)


あれからもう10年ですか。速いな。

そして、あと24時間弱で2010年代です。どんな10年になりますやら。



期待しましょう。皆様、良いお年を。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://groovyhouse.blog20.fc2.com/tb.php/23-f96870bd

トラックバック

コメント

[C18] 今年も

よろしくお願いします!
僕も、2010年頃にはそのような光景になると小学生の頃ドラえもんを見て信じていました。でもここ10年でも格段に進歩しているものはありますね。
クラムボン、恥ずかしながらはじめて聴きました。2分過ぎあたりの展開がめちゃくちゃかっこいいです~。時代に取り残されている上、見過ごしていることもたくさんあるようで…
  • 2010-01-01 21:06
  • junpee
  • URL
  • 編集

[C19] あけおめです!

おお! junpeeさん、あけましておめでとうございます。
子供の頃に想像していた未来に一番近くなった光景は、やはり携帯電話の普及でしょうか。自分にとっての未来図の象徴だったあの空に浮かぶ巨大なパイプは、複雑に進化した首都高速のジャンクションや東京湾アクアラインのトンネルだったのでしょうね。

クラムボンのあの間奏いいでしょう~^^
聴き逃している名曲がまだワンサカあるかと思うと、100まで死ねないって思いますね。

今年もどうぞよろしくお願いします<(__)>

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mars

Author:mars
何だここは ここは何だ ヒヒーン

検索フォーム

QRコード

QRコード

(^^)