FC2ブログ

Entries

JCD2012





“sands of time”by S.O.S.BAND




ジャム&ルイス・プロデュース黄金期の傑作。B級ソウル・グループだった彼らがジャムルイとの化学反応により80年代を駆け抜けるソリッドなファンク・グループに変貌し、その中で作られたこれは一連のアルバムの中でも最高傑作と評される一枚。と、言うよりジャム&ルイスプロデュース作として最高峰に挙げられるのではないかと。なにしろ急速に音楽のデジタル化が進んでいた時代に、その先端を行きながら実はヴォーカルやそのメロディーが主役であったと気付かされるのですから。とにかく全編に漂う哀感とデジタル・ファンクとのバランスが良いですね。タイトルも「時の砂」ですからね。くーっ。今聴くとワンパターンなアレンジもそれはそれで。



sands.jpg S.O.S.BAND/sands of time (1986)













◇ジャパンカップ・ダート◇


先週のJCは結局三冠牝馬と牡馬の一騎打ち。
最後の直線では残念なプロセスもありましたが、それが無くても一騎打ちだったでしょう。
私の軸は3着で助かった;;
出遅れの不利なスタートから始まりましたが、それがなくても3着だったでしょう。
ルーラーシップは今後もこんなポジションなのだろうな、と勝手に判断してしまいました。
もう軸にする事はないかも。

まぁ、とにかくなんだかんだと馬券は的中したわけです。
今週も当てたいのですがなんせ時間が無い;;;


ジャパンカップ・ダートとは言っても今年も海外からの参戦はなし。
ある意味その名の通りダート日本一決定戦です。
阪神で行うことや、何と言っても日本のダートは「サンド」であると言うことが、
国際競争でありながら実質国内戦となっている所以でしょうね。
それならそれで純粋に日本一を決めるレースで良いでしょう。
さて、今年の砂王はどの馬に?!



◎12 ワンダーアキュート

〇10 ローマンレジェンド
▲8 イジゲン
△4 エスポワールシチー



一応ここまで決まりました。

たっぷりの休養明けJBCクラシックを優勝したワンダーアキュートを本命に。
前が厳しい流れになる中、好位から鬼差しを決める事を期待。阪神は5勝の得意コースも良し。
第二の軸は6連勝中の10、出遅れ不安も鬼差しなら8も外せず。
そして元祖砂王が今年も好調でやってきた4。



買い目

12軸→(4,8,10)→(1,4,7,8,9,10,14)



ヒモは穴も絡めつつ、
三連複フォーメーション15点勝負で。














この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://groovyhouse.blog20.fc2.com/tb.php/197-84b4be38

トラックバック

コメント

[C208] 来日公演

昨日の2nd見てきました。
客が少ない。6~7割の入りです。最前列テーブルさえ埋まらなかった。泣)
演奏は良かったですが、声援無し、Reach for itで手を振る様G.Dukeが煽りますが、手を振ったのは私含めて数人。泣)
立ち上がる人も無し。泣)
これじゃ盛り上がりません。
もしかしたら、Thank you等ファンクメドレー突入だったかも?ですが、今回は直ぐ終了。泣)
アンコールはとりあえずやってくれました。公演後サイン会もありましたが、客少なく、とても可哀想でした。
最終日は盛り上がるのか?
やはりライブは客次第というのを非常に実感した次第です。泣)
  • 2012-12-05 09:40
  • 秋田県民
  • URL
  • 編集

[C209] ありがとうございます

LIVE報告ありがとうございます。
そうか~、時期が悪かったかな。
4日間は長かったかもしれませんね。今の彼らのポジションとしては。
2DAYSくらいにしておけば、満員になったかもしれません。
DUKEはちょっと来過ぎかも(笑
まぁ、明日観てこようと思っています。生スタンリーも楽しみですしね!

[C210] レポお願いします。

最終日はきっと盛り上がると思います。
そうあって欲しいと願っています。祈)
レポートお願い致します。
当日はサイン会あると思いますので、CDまたはLPとサインペンとカメラは必須と思います。笑)
  • 2012-12-06 09:13
  • 秋田県民
  • URL
  • 編集

[C211] はい

最終日ではないですが、行って来ました。
良かったですよ。
話を聞いていたので少し心配しましたが、
スクールデイズでスタンディングになったり、今日の観客は結構ノリが良かったと思います。
レポートはまぁ、ぼちぼち・・・^^

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mars

Author:mars
何だここは ここは何だ ヒヒーン

検索フォーム

QRコード

QRコード

(^^)