FC2ブログ

Entries

夏の初めに


ロンドンオリンピックが始まりましたね。

虚飾やステルス・マーケティングが蔓延る最近のテレビに嫌気を感じていましたが、
これでまたテレビつけっ放しの毎日となりそうです。BS-NHK。

スポーツだけは嘘がない。
だから引きつけられるのでしょう。







 ギル・エヴァンスやシダー・ウォルトン、そしてハービー・ハンコックら海外の著名ジャズ・アーティストと競演アルバムを数々発表していた邦女性ジャズ・シンガーが一転、国内の新進プレイヤーとそのブレーンのサポートで作ったアルバム。1曲目にいきなり掴まされるのは山下達郎作の“ヴァイブレイション”だ。コマーシャルにも使われた有名な曲だがこの頃のファンキーなタツロー節が全開していて今でもニヤニヤさせられる。このアルバムの注目は全曲作詞を安井かずみが担当し、曲は前述タツローが1曲、矢野顕子やバックも務める“コルゲン”鈴木宏昌や筒美京平、そしてなんと言っても横倉裕(YUTAKA)が2曲もメロディー提供しているところであろう。NOVOでの活動後と「ラブ・ライト」でのソロ・デビュー前にあたるこの時期、ボサノヴァらしくはないものの、NOVOの感覚に近いメロディーがYUTAKAらしさを仄かに感じられてうれしくなる。海外至上主義だったポピュラーミュージックでも、邦人音楽家の感覚もそれに追いついて来たと認識させてくれたアルバムだ。今日はその中から今の季節に合わせてこの曲を。偉大すぎる作曲家、筒美さんの曲で。夏はこれから。




Kasaik-tokyo.jpg 笠井紀美子/TOKYO SPECIAL (1977)







◇クイーンS◇


オリンピックに夏競馬に忙しい。
やっぱり今週から予想も復活します。
当たらないけどね。



◎2 オールザットジャズ


1800mパーフェクト連対の2が本命。
GI惨敗で人気を落とした今回は買い時!



買い目

2⇔5,8,11,13,14


馬単折り返しにて。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://groovyhouse.blog20.fc2.com/tb.php/177-acab55e8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mars

Author:mars
何だここは ここは何だ ヒヒーン

検索フォーム

QRコード

QRコード

(^^)