FC2ブログ

Entries

ジャロウはどうじゃろぅ



アル・ジャロウがジョージ・デュークとのワン・ナイト・ライヴの為に来日する。
今回のデュークはトリオ編成。おそらくアコースティック・ピアノを使ったジャズ・ライヴになるのだろう。
デュークの事だからエレピを用意しているかもしれないが。


この二人の接点としては、アルの代表作「THIS TIME」でのデュークの参加、その後の1988年には「THIS TIME」のプロデューサー、ジェイ・グレイドンと共同で「HEART'S HORIZON」をプロデュースしていた(このグレイドンとデュークも旧知の仲であったが)事が知られてはいたが、実はデビュー前の、60年代半ば頃に既にツルんでライヴを行っていた。最近その時の記録がデュークのレーベルから発売されている。今回のライヴはそれを再現しようと言うものなのだろう。言わずと知れた歌と鍵盤それぞれ、卓越者達の共演である。47年前の若者だった頃から遥かに成熟、円熟した二人にとっての独特なジャズを聴かせてもらえるはずだ。



アル・ジャロウと言えば「THIS TIME」なのでしょうが、元々は「歌う楽器」としてその名を広めた人である。
私が初めてこの人の存在を知ったのはラジオから流れて来た“all”と言うナンバーだった。







後半のロングトーンに衝撃^^ビル・ウィザースの“lovely day”をはるかに越えた長さ。さらにその後はヨーデル攻撃。曲調がポップで気持ち良く聴いていたのにこれは反則だろと。中学生くらいの子供の頃は音楽そのものよりもこう言うポイントで掴まされるものなのですね。そういえばまた1978年だよ。一番感受性の高かった頃なのかな。忘れられない音楽はこの時代に集中してますね。




aljarreau-all.jpg Al Jarreau/all fly home (1978)







◇弥生賞◇

6時に起きて24時に帰る仕事onlyの生活もピークを越えました。
気持ちに余裕が出てきたところで勝負です。



◎12 アダムスピーク

〇10 ジョングルール
▲15 エキストラエンド
△2 トリップ
△4 アーデント
△5 コスモオオゾラ

買い目

◎12アダムスピーク軸のチョット弱気に三連複です;;







この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://groovyhouse.blog20.fc2.com/tb.php/156-b1b563e4

トラックバック

コメント

[C172] 今回は行けません。泣)

今回は東京1日しかも平日で、残念ながら参加出来ませんでした。泣)
彼らはジャカルタでのJazz Fesの帰りに日本に寄る日程ですね。
その模様が下記にありました。
Sweet Babyもアル抜きで演奏してます。
http://www.youtube.com/watch?v=jfQNPtETwo0

http://www.youtube.com/watch?v=3HjzYLCe2IM
  • 2012-03-06 12:06
  • 秋田県民
  • URL
  • 編集

[C173] 行っちゃいました

仕事にかこつけて東京に行く用事ができたのでそのままビルボードライブに行っちゃいました(笑
いやぁ、ジャズライヴだと思っていたのでそんなに大きな期待はしていませんでしたがとんでもない!
ジョージ・デューク・バンドのライヴにアル・ジャロウがフィーチャリングされていると言ってもいいくらいでしたよ。
マイケル・マンソンがアコースティック・ベースも弾いてましたです。
アルが2回引っ込んで“Brazilian love affair”や“sweet baby”をやってましたね。

しかし、何と言ってもアル・ジャロウが今回は圧巻でした。
立ち振る舞いは酔っ払いで陽気なじーさんって感じなのですが、
「歌う楽器」健在のヴォーカル・パフォーマンスで素晴らしかった。
いったいいくつの楽器を歌って見せてくれたのかって言うくらい。凄しです。
あれを観てしまうと対するデュークの高いところが出なくなってしまった辛そうな歌が本当に気の毒。
さすが本職は違うなと言うところかと。

最後はここでも“reach for it”でしたよ(大笑 
おい!やっぱりか!みたいな。
これはさすがにデュークのペースになってましたね。
アル・ジャロウは「しかたネェなぁ~」って感じでしたがニコニコしてやってました。

いや、良かったっす。
やっぱりライヴはイイですね。


[C174] やっぱりライブですね。

公演レポありがとうございます。
これはまた明日の日記になるんでしょうか?
楽しみにしております。
やっぱり生ライブ見に行かないと話しになりませんね。笑)
次回は行きたいと心に誓いました。笑)
  • 2012-03-07 00:30
  • 秋田県民
  • URL
  • 編集

[C175] そんなわけで

半信半疑で行ってみたらとても良かったのでレポートしておきました(^_^)/

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mars

Author:mars
何だここは ここは何だ ヒヒーン

検索フォーム

QRコード

QRコード

(^^)