FC2ブログ

Entries

here today hear tomorrow



friendship.jpg FRIENDSHIP (1979)



なんだかんだ言ってアーニー・ワッツが好きなんだよね。
サックスと言えば誰?と聞かれたらとりあえずアーニー・ワッツ。
あんまりサックス奏者とか良く知らないのですが、とにかくキャッチー。
キャッチーって、どんな意味だよと自分に問いかけながらも、
この安定感抜群で、明朗快活な音色を出すアーニー・ワッツのプレイが大好きなのです。

それこそベテランですから、数え切れないほどの作品に顔を出していますが、
最近だと良かったのはスティーリー・ダンのトリビュートでのプレイかなぁ。
あのアルバムも色々なギタリストの競演が売りになっていたけど、
ほとんどヴィニー・カリウタとアーニー・ワッツのアルバムだったんじゃないかってくらい。

これは、リー・リトナーがジェントル・ソウツから一歩前進して、
また新たな活動を模索して組まれたユニット「FRIENDSHIP」。
アーニー・ワッツの存在感はここでも光ってる。
A・ワッツとエイブラハム・ラボリエルのアルバムかなこれは。
リー・リトナーは控えめですね(笑




“here today hear tomorrow”





この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://groovyhouse.blog20.fc2.com/tb.php/115-facd51ff

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mars

Author:mars
何だここは ここは何だ ヒヒーン

検索フォーム

QRコード

QRコード

(^^)