FC2ブログ

Entries

Willie Wright/telling the truth








正直良く知らない人なのです。
密林からのおすすめメールでポッチリ買ってしまったのですが、
これがまた、黒人ソウル-フォーク・シンガーの激レア盤リイシューだったらしい。
CD買ったはいいけど、なにせ朝から晩まで仕事づくめの身、
放っておいてそのまま…と言うのは良くある話で、これもその中の一枚だったのですが、
なかなか今の気分に合っているではないですか。

なにせ裏ジャケにも書いてある「これはディスコ・レコードではありません」の通り、
黒人パフォーマーのアルパムながら全編本人の弾くアコギをフィーチャーした、
なんともフォーキーな調べが延々と続く地味なアルバム。
しかし、そのメロディーラインにはそこはかとなく黒人特有のソウルを感じさせるのですね。
聴くとやはり白人のソレとは決定的に違う。

疲れた平日の夜、布団に潜りながら流すと3分で眠れる(おいおいそれじゃダメじゃん^^;)
心地良さがあるアルバムです。


しかし、昔のアナログレコードの時代から輸入盤はただディスクだけを突っ込んだ素っ気無い物、という
イメージがあったのですが、これはなんとCDと同サイズのシングル・レコードがおまけでついていたり、
ブックレットのライナーがしっかり入っていたりといたれりつくせりなのです。
できれば秋口に知りたかったかな、こういうのは。


willie wright Willie Wright/telling the truth (1977)








◇NHKマイルC◇


もはや惰性で予想をしております。
今週は考えても無駄な気がします。


よって、


◎9 ヘニーハウンド 馬連総流し
穴6 ダンスファンタジア 単・複おまけ



調教評価の良いヘニーハインドで波乱を期待。
連れも人気馬とは限らず大波乱もあるかも・・・かもですが。


先週はWIN5、5レース中3レース当たってました。
当然一点買いですよ。
これはそのうち全的中すると本気で考えてます…考えるのは勝手ですから。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://groovyhouse.blog20.fc2.com/tb.php/103-a6a91786

トラックバック

コメント

[C129] 発掘映像

またまた関係ない話題で申し訳ありません。
昔の映像見つけました。
http://www.youtube.com/watch?v=1M28alb1RlU
これは凄いですねえ。
画質が良いのにびっくり。
どこかで再放送されたのか?
ベースはバイロンミラーで間違いないでしょう。
ドラムはンドゥグチャンスラーでは無い気がします?
リッキーローソンかな?
誰でしょう?
ギターは誰?
向って左側の女性Voはリンデイビスですねえ。
彼女は今どこへ?
シーラEも若いですが、思ったより派手に動いてませんね。笑)

またこの手のファンク系で盛り上がるステージにも来たいしたいです。
今年の9月のTokyo Jazzは公式には開催が発表なりませんが、原発問題解決しないと難しいのでしょうか?
9月の来日には期待しています。
原発なんとかして下さい。祈)
  • 2011-05-10 18:05
  • 秋田県民
  • URL
  • 編集

[C130] ありがとうございます

確かに79年モノとしては映像がきれいですね。
funkin' for the thrillなんかやってくれちゃって嬉しいですね。
バイロン・ミラーもシーラ・Eも若い。
シーラ・Eはまだ人気が出る前の頃だからおとなしいのでは。
ケリでシンバルは鳴らしてませんね(笑)
ドラムスはリッキー・ローソンではないでしょうか。こちらも若いですね。

関連動画で同じライヴのreach for itがありました。
こんなぶっ通しファンクのライヴやってくれないかなと。
もういいお歳なんで難しいでしょうけど^^;;

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mars

Author:mars
何だここは ここは何だ ヒヒーン

検索フォーム

QRコード

QRコード

(^^)