FC2ブログ

Entries

ロイヤル・ウェディングと天皇賞




アルフォンス・ムーゾンがケツの穴の小さい奴だと言う事はわかった。
まぁ、先週の皐月賞もハズレだったからいいけどね。
バイバイ、ムーゾン。


何の事だかわからない?
それでいいんです。
わかっちゃいけないこんなブログは。


これからもこんなカンジで自由に行きますんでどぞヨロシク。




さて、昨日は英国・ウィリアム王子のロイヤル・ウェディングがありましたね。
かのプリンセス・ダイアナからもう30年なのですね。
あれー、そんなに?自分が中学生の頃かぁ。
月日のたつのは早いものです。



王子のお相手、新婦の名はケイト・ミドルトンさん。
なんとも英国らしいお名前で。
ミドルトンと言えば自分としてはこっちの人なんじゃないかと。


Jeff Beckとどちらにしようか迷いましたが、
やっぱりココらしく今日はHUMMINGBIRD・バージョンで。






Bobby Tenchのギターもなかなか良い歌い方してるじゃないですか。



hummingbird-diamond.jpg HUMMINGBIRD/diamond nights (1977)






◇天皇賞(春)◇


と、言うわけで日本では天皇賞。
今度こそ義援金を増額するために当てるぞ~~、
と、思っているかどうかはさだかではありませんが、
クラシックより好きな古馬のGI。
相変わらず気合は入りませんがなんとか予想してみましょう。



◎4 ローズキングダム
〇9 トゥザグローリー
▲6 ペルーサ
△2 ヒルノダムール
△5 ジェントゥー
穴1 ビートブラック




天皇賞ともなれば、前走負けていても地力のある馬が結局来る、の法則。
ここでローキン&武は本年度GI獲りの最大チャンスと見た。
対抗は9トグロ。有馬からの3走は力の証明でしょう。
以下、出遅れながらもしっかり追い込んでくる6ペルーサ、
大阪杯が圧巻の2ヒルノ、不気味な外国馬5ジェントゥーに、
穴で菊花賞3着の1ビートブラックを追加。



買い目

4 ローズキングダムを堂々の軸に

→1,2,5,6,9へ三連複流し




結局4歳に外車を足しただけでした…。




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://groovyhouse.blog20.fc2.com/tb.php/102-7bb6d237

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mars

Author:mars
何だここは ここは何だ ヒヒーン

検索フォーム

QRコード

QRコード

(^^)