Entries

Muir Woods Suite

1993年モントルー・ミュージック・フェスにおけるライヴ録音。この作品は「illusions」が発売され行き渡るまでリリースを抑えていたものだ。それは、これまでの音楽活動の中でもとりわけ異色のコンセプトをもって生み出されたライヴであったからだった。内容はジョージ・デュークのピアノ、スタンリー・クラークのベース、チェスター・トンプソンのドラムスにポリーニョ・ダ・コスタのパーカッションのみという小編成アコースティ...

Joe Sample/Sample This

“fly with wings of love” by Joe Sampleジョー・サンプルが亡くなった。ここのところ、立て続けだ。昨年のジョージ・デュークから、リッキー・ローソン、ウェイン・ヘンダーソン、そして、ジョー・サンプル。そんな訃報などつゆ知らず、昨晩無性に“spiral”が聴きたくなってしまい、ついでに“keep that same old feeling”でノリノリになって、しまいには「free as the wind」、「street life」まで夜中に聴きまくってしまったのは...

illusions

“money”ワーナー・ブラザーズからの第2弾。前作「snapshot」での流れを引継ぎつつ、若干スーマト過ぎるかなと思わせたところから今回はさらに力強さを合わせ持たせた印象がある。それはアルバム冒頭の華やかな“500 miles to go”から黒人女性が談笑するシーンをバックにデュークがエレピを弾き、スキャットする“411”で早くも聴き取れる。彼の鍵盤はとてもしなやかだが、ただ優しいだけのスムース・ジャズはやるつもりがなかったのだ...

Appendix

プロフィール

mars

Author:mars
何だここは ここは何だ ヒヒーン

検索フォーム

QRコード

QRコード

(^^)