Entries

Butterfly Dreams

“love reborn”by Flora Purimチック・コリアの「return to forever」、「light as a feather」への参加により一躍注目されるようになったフローラ・プリンがその翌年にあたる1973年、アメリカでのデビュー・アルバムを制作する事になる。ここでのレコーディング・メンバーは夫であるアイルト・モレイラ、そしてベースはスタンリー・クラークとチックのアルバムでの面々が連ね、そこに南米系の新進ギタリスト、デヴィッド・アマロ、...

The Black Messiah

70年代に入り、デュークはフランク・ザッパ&マザーズのメンバーとなっていたが、並行してキャノンボール・アダレイのグループ・メンバーとしても活動するようになった。それまでこのグループで鍵盤を担当していたジョー・ザヴィヌルが抜けた穴を埋めた格好ではあったが、晩年のキャノンボールはジョージ・デュークとともに演っていたと言っても良い。それほどこのグループの中で重要な存在となって行った。いや、ジャズだけではな...

あらためて、「The Inner Source」

そしてこの「The Inner Source」、本格的にエレクトリック・ピアノで作る音にのめりこんで来た。ここでもまだJohn Heardのベース、Dick Berkのドラムによるトリオが中心だが、肝心のデュークの鍵盤はほぼすべてエレピ、それどころかアナログのシンセサイザーらしきものまで登場する。この手の楽器が出たての頃だから音の古臭さは否めないが、かなりこのレコーディングが音作りの転換点であった事がわかる。収録曲もカラフルだ。ま...

出せなかった「solus」

さて、アメリカから1枚ソロアルバムを出していたわけだが、70年代に入ってからの活動を語る上では、やはり彼をデビューさせた独MPSからのリリース作がまず重要なところだろう。彼の音楽人生の中で、創作力、音楽的なチャレンジ精神、勢い共に一番輝いていたのはやはりここからの70年代MPS~EPIC時代の数作であったと今でも考えている。もちろん本人にしてみれば若気の至りのような時期もあっただろうけれども。その、MPSからのソロ...

Appendix

プロフィール

mars

Author:mars
何だここは ここは何だ ヒヒーン

検索フォーム

QRコード

QRコード

(^^)