Entries

チャンガの復讐

1970年晩秋、この「チャンガの復讐」で、デュークは正式にフランク・ザッパのレコーディングメンバーに迎え入れられる事になる。ジャズの世界にも踏み込んだザッパの音楽は、デュークの加入によってさらに音域の巾が広がり、R&Bの表現法を使う事が出来るようになった。「重く考えなくていい。白いキャンバスに絵を描くように、自由にやってくれ。」ザッパはデュークにこう言ったそうである。デュークが提案したのは皆が次第に熱狂...

THE THIRD WAVE

同時期、デュークはもうひとつ小さくも、そして後になった今ではとても意味の有る仕事をしていた。それがこの「THE THIRD WAVE/here and now」だ。THE THIRD WAVEはアメリカ在住のフィリピン系三世の少女たちによるコーラス・グループ。5人姉妹、全員が13歳から19歳のティーンズだったが、なにしろその歌は「本物」。もちろんあどけなさは残るが、とても真面目に、ハービー・ハンコックやビートルズのカバーも確りと自分たちのモノ...

もうひとつのS・T・C

この1969年にレコーディングされた「save the country」のアナザー・エディションが1978年に同じプロデューサーによって編集され発売されていた。これは収録曲を一部変更しているものの、録音は同じもので「save the country」では聴けなかったナンバーが聴けると言うことでファンには是非オリジナルと共にこちらも手にしていただきたいものです。今日の1曲はその中からオリジナル未収録の“foosh”を。ジャン-リュック・ポンティと...

SAVE THE COUNTRY

さてそのデュークにとっても重要な1969年、実は初ソロ・リーダー作のレコーディングも行っている。ジャン-リュック・ポンティとの活動でその名を広げソロアルバムの話が進んだのかどうかはさだかではないが、ドイツのレーベルから新人カルテットとしてのアルバムを出すのみでほとんど無名に近く、その後3年間サポート・プレイヤーとしての活動だった彼には、やっと自分が主役になる時がやってきたわけだ。この頃のジョージ・デュー...

Appendix

プロフィール

mars

Author:mars
何だここは ここは何だ ヒヒーン

検索フォーム

QRコード

QRコード

(^^)