Entries

ピーちゃんふたたび

 久しぶりに、ピーちゃんがやってきました。 前に来たのは去年の正月だったから、一年ぶり以上ですね。 前回の様子⇒「お客様」 おお、懐かしいじゃネェかこいつう~と。   「ピーちゃんピーちゃん」 「ピーちゃん、やこばぁ」 おー喋る喋る。去年にも増して良く喋ります。 (やこばぁ、とはうちの母親の事です)   「ピーちゃん焼き鳥^^ ピーちゃん焼き鳥^^^^」 おお、相変わらず自分で焼き鳥言うてんのか。 悪いやっ...

明日はGI

ここのブログは毎回内容がたいして変わらないのに、何でカテゴリ分けしてあるの?みたいな意見を頂戴しましたが(笑たしかに、いつもだいたい音楽を1曲、競馬の予想をひとつ、みたいな感じで内容は変わりませんね。カテゴリはその時、一番重きを置いているものに対してつけているだけです。音楽の方が重要なら、「棚から一枚」や「音話とぅでい」、競馬予想に力が入っていたなら、「今週のメイン」だったり。時には、「何これ」や「...

THE NAT ADDERLEY SEXTET/Capricorn

“Capricorn”、これはGeorge Dukeのルーツを知る上では重要な1曲。元々はキャノンボール・アダレイ・バンドのメンバーだったが、その弟であるナット・アダレイがキャノンボールと共に制作した1972年のアルバム「Soul Zodiac」に収録された。これは占星術の12星座をテーマにしたコンセプト・アルバムで、Dukeはこの中で山羊座(Capricorn)の作曲を担当。もちろん冒頭からアナログ・ディレイのかかったエレピがグイグイ来るのも本人に...

Al Jarreau & The George Duke Trio LIVE at Billboard Live Tokyo 2012

アル・ジャロウとジョージ・デュークのトリオが東京で一晩限りのライヴを行った。最近やたらと忙しくなっていて、まぁ今回は無理だろうなと思ってはいたのですが、ちょうどメーカーの展示会に行かなければならなくなってしまい、と、言うことは私が勤めている会社ではその日は休みを取ると言うことになるわけで(つまりは公休利用で展示会に行く、仕事をすると言うわけです)、ちょうど良く東京に行く用事ができたので幸か不幸か、い...

ジャロウはどうじゃろぅ

アル・ジャロウがジョージ・デュークとのワン・ナイト・ライヴの為に来日する。今回のデュークはトリオ編成。おそらくアコースティック・ピアノを使ったジャズ・ライヴになるのだろう。デュークの事だからエレピを用意しているかもしれないが。この二人の接点としては、アルの代表作「THIS TIME」でのデュークの参加、その後の1988年には「THIS TIME」のプロデューサー、ジェイ・グレイドンと共同で「HEART'S HORIZON」をプロデュ...

Appendix

プロフィール

mars

Author:mars
何だここは ここは何だ ヒヒーン

検索フォーム

QRコード

QRコード

(^^)