Entries

お宝塚2011

◇宝塚記念◇一年を締めくくるグランプリとしての有馬記念に対して、半年を経過したところのグランプリレースを関西で、と言う実は夏のボーナスシーズンを当てこんだところがミエミエの宝塚記念。やはり出走馬も盛り上がり方もイマイチだったのですが、今年はなかなかの好メンバーですね。図式はブエナビスタvs世代最強4歳勢となっております。はたしてそうなのか?◎4 エイシンフラッシュ〇3 ルーラーシップ▲8 ブエナビスタ△9 ロ...

thanks for...

何も無い部屋から始まって、そしてまたがらんどうの空間に戻る。その光景はまさしく、夢の、あと。なぁ、でもここで過ごした日々は、けして空虚なものでは無かったよね。溢れていたよ。何もかもが。ここでの生活があったから、今の自分がある。そんな人生にしよう。ありがとう。 Johnny Yoshinaga/ten (1992)...

Cliff Dawson

オーソドックスと言えばオーソドックス過ぎて強い個性の無いヴォーカルなのだけど、細かい部分にまで練り上げられた丁寧なアレンジの中に、違和感なくしっかりと乗っかった楽曲と歌のクオリティは一枚通して気分良く聴くことができる。じっくりと歌い上げるミディアムから始まり、徐々にアップ・ナンバーに持って行く配置はニクイの一言。しかしアルバム大半を占めるヴォーカリスト然とした曲々に掴みが足りないとは言えても、この...

FAZE-O

後にHEATWAVEやDAZZ BANDといったファンク・グループに参加する事となるキーボーディスト、Keith Harrison率いるオハイオ・ファンクユニット。アレンジを全てオハイオ・プレイヤーズがバックアップしており、タイトなファンクからメロウ・バラッドまでこなす所はまさに「弟分」的存在。“get some booty”のようなカッティング・ギターが利いたアレンジのブラックは、今ではほとんど聴かれないだけに嬉しい、lately'70s万歳盤。 FAZE...

Appendix

プロフィール

mars

Author:mars
何だここは ここは何だ ヒヒーン

検索フォーム

QRコード

QRコード

(^^)