Entries

がっくりくらっきん

“you're winning”by CRACKIN' CRACKIN'/makings of a dream (1977)いやー、今週もひどい目にあった。今はここで愚痴る気もおきないので今度にしますが、本当についてない。馬券があたらないから?その程度ならいいですよ。いつもの事だし。うーむ、さすがに参った。精神的に。◇宝塚記念◇まぁ、ここでは気を取り直して性懲りも無く予想でも。宝塚の前に一度くらい当てておきたかったですねぇ。穴狙いでもないのに軸馬がことごとく吹...

やりたかったらやっちゃいな記念

“do what you wanna do”by POISONどわっちゅわーなどぅ~♪ POISON/on our way to number 1 (1976)はずれまくってる今日この頃。それでも明日は春の府中GI戦線を締めくくる安田記念。参戦しないわけには行きますまい。やっちゃいな、やっちゃいな、やりたくなったらやっちゃいな!◇安田記念◇◎7 グランプリボス昨年の安田も人気薄のボス複勝をゲッツ。今年は休み明けのマイラーズCを完勝と来た。元々叩き良化型のボスが香港遠征→休養...

優駿2013

“got to believe”by SWEET COMFORT BAND SWEET COMFORT BAND/breakin' the ice (1979)さて、カスりもしなくなってきました。しかし旅行計画のように、あれこれ考えて(予想して)実行に移す(買う)までが楽しいもので、そのプロセスを楽しむためにやっているようなものですね。2分前後のレースが終わるまでは自分を信じて、また今週も。根拠のない無責任な自信と言えますが。◇日本ダービー◇◎2 コディーノ2歳時はクラシックの主役とう...

オークス2013

今週の休日はバイクの洗車と通勤用のチャリンコ(MTBもどき)の前後ブレーキワイヤー交換で半日を費やす。車いじるかバイクいじるか自転車いじるかバッテリーいじるかしかないのか自分の休日は。来週はプチ旅行にでも出かけようと思っています。CDとレコードもそれなりに買ってはいますが、買うだけで最近は聴いていません。映画もそうですが「よーし、聴くぞ(観るぞ)」と気合を入れないとなかなか手を出せなくなっています。何故な...

そして、また騙される

“sharp dressed man”by ZZ TOP ZZ TOP/eliminator (1983)◇NHKマイルカップ◇さて、先週のゴールドシップにはガッカリさせられたところで(またかよ)まぁ、後になってみれば「空き巣G1馬」と言われても納得の戦跡だったですね。後になってみれば、ですが。で、今週もまた騙されてみましょうか、一番人気に。◎15 エーシントップ普段ならダントツの一番人気になっていてもおかしくない戦跡の馬。しかし、先週のゴルシとその前のカレン...

you are my goldship

“you are my starship”by Norman Connors(ft.Michael Henderson)◇天皇賞◇さて、先週のカレンブラックヒルにゃぁガッカリさせられたところで、まぁ前哨戦だからしかたがないかとあきらめつつ、今週はGI中のGI、天皇賞・春です。◎8 ゴールドシップ 堂々の軸出ました堂々の軸。昨年のオルフェーヴルがあっけなく撃沈してしまった淀の3200m。昨今では絶対的な存在などないレースとなっていますが、なにしろこのゴルシにはオルフェに...

皐月賞2013

“canticle for the universe”by Lee Ritenourさて明日はクラシックロードの幕開け、皐月賞。今日は先週に続き10年前の皐月賞馬・ネオユニヴァースにちなんでこの曲を。今ではなかなかお耳にかかる事のできないフィーリングのジェリー・ピータース作ブルージー・フュージョンですね。◎12 コディーノ & 14 エピファネイア〇15 カミノタサハラ過去20年の勝ち馬に共通するステップ傾向にすべてあてはまるのが上記3頭。7ロゴタイプは...

暴花賞2013

“still in love”by Tashan後に三冠牝馬となる、10年前の桜花賞馬の名前にちなんでこの1曲を。マーヴィン・フォロワーだったTashanの歌で。しかし、名牝の中でもとりわけロマンチックな名前の馬でしたね。◇桜花賞◇春の嵐ふたたび。桜が散ってしまう。今年は早かったからもう葉桜になってたりして。◎13 クロフネサプライズ逃げ脚質が不安ながら阪神芝マイル重賞を連続連対とは地力の違いからか。特に前走は圧巻の勝利。負ける事はあ...

買って買って景気回復! 大阪(商人)杯

“shoppin' 'round again”by THE 24TH STREET BAND「おサイフケータイ」なんてものは馬鹿にしてました。携帯をスマホに換えるまでは。携帯電話になんでもかんでも機能持たせていいものかと。しかも決済機能なんていらないでしょと。現金とカードがあれば十分じゃない。ねぇ。しかし、機種変更の時、担当のお姉さんのノリにつられてカード契約をしてしまったものだから、それならせっかくだからおサイフ機能もつけてみようかと。年会...

ハッピーバースデー77

“Mama”by Vernon Burch先日は母親の誕生日。その日はあいにく仕事だったので、その前の休みの日にお祝いをすることした。お祝いったって外にメシを食いに行くだけなのですが。親不孝息子なんで、たまには親孝行のひとつもしないとね。寿司屋はたまに行っていたので、今回はもうひとつの好物の鰻でも食べてもらうことにしました。なんたって喜寿ですから。めでたいこってす。「あぁ~おいしかった!これで寿命が少し伸びた感じがす...

33333

速いもので3月に突入(@_@;先日偶然、職場の分電盤のメーターがきれいな3のゾロ目に。思わずパチッとな。こう言う事に喜んでしまう、子供のような自分。いや、子供なのでしょうね、自分は。もうこのままでいいや。“waters of March”by Sergio Mendes (feat.Ledisi) Sergio Mendes/encanto (2008)◇弥生賞◇先週も中山・阪急とダブル的中。買ったのは中山記念だけですが。なかなか調子が良いです。さて今週は皐月賞トライアル。伝統の...

2月の砂王

“face in the sand”by IRON MAIDEN◇フェブラリーステークス◇うぁ~、寒いね さみぃね サミーネデートリッヒしかし、もう2月。今年最初のGIはダート戦。明日はフェブラリーステークスですね。GIは特別なんだよ。当てたいんだよ。◎2 グレープブランデー 堂々の軸前走左回り中京コースのGII東海Sを3馬身差で圧勝した2を堂々の本命に。一時スランプに陥ったが実はこの馬、れっきとしたダービー馬。ダービーっつっても大井のジャパ...

それいけスマート

“touch” by THE JACKSON 55年使い倒した携帯電話のスクロールボタンが壊れたので買い換える事に。前からボタンが割れていて、騙しだましつかっていたのですが、もう限界でした。で、ついに自分もスマートフォンを持つ事になりました。これが、またやりにくいんだなぁ。なにせ指押しボタンで15年以上携帯を操作していたわけだから、いきなりこんなツルツルのまっ平らな画面でやれと言われても、戸惑うわけです。なんとか使えるよう...

2013-1

やっと正月が来ました。個人的に。“悪い習慣”by キリンジ キリンジ/スウィートソウルep (2003)◇中山金杯◇季節感の無い生活をしていると、それを感じやすいのが重賞レースの予想をする時ですね。有馬記念が大晦日(正しくは東京大賞典)であり、この東西の金杯が元旦と言ったところかな。さて、運試しですが、◎11 アドマイヤタイシ→6,8,9,10 馬連穴馬3キョウエイストームの複勝もおみくじ的に買ってみましょうか。◇京都金杯◇◎1 ダノ...

吉田美奈子と日本の冬

“gifted”by Minako Yoshida吉田美奈子の楽曲はその性質から、やはり冬、中でも12月を題材にしたものが多い。その中でも究極の裏クリスマス・アルバム“bells”があるのだけれども、今日は少し捻くれてこの曲を。これが収録されていたアルバムは1989年で比較的新しい(それでも20年以上前)が、山下達郎とがっちりタッグを組んでいた頃を彷彿とさせる多重録音でジワジワと迫り来るセルフ・コーラスと、高いところから一転地の底より湧き...

JCD2012

“sands of time”by S.O.S.BANDジャム&ルイス・プロデュース黄金期の傑作。B級ソウル・グループだった彼らがジャムルイとの化学反応により80年代を駆け抜けるソリッドなファンク・グループに変貌し、その中で作られたこれは一連のアルバムの中でも最高傑作と評される一枚。と、言うよりジャム&ルイスプロデュース作として最高峰に挙げられるのではないかと。なにしろ急速に音楽のデジタル化が進んでいた時代に、その先端を行きなが...

ジャパンカップ2012

“the 11th fanfare”by TWENNYNINE with Lenny Whiteジャズ・フュージョン畑で馴らしたドラマーの発展形としては当時お決まりのコースであったダンス&ソウル・ミュージックへのアプローチ。レニー・ホワイトも自らのリーダー・アルバム数作を経てこの路線にブチ当たるわけです。彼の場合は何も脈絡が無く突然に売れ筋狙いに走ったわけではなく、ソロ活動期から親交を深めていた元EW&F、ラリー・ダンと言う心強いパートナーが居た事...

愛の…

“love will make it right”by Diana Rossドナルド・フェイゲンがニュー・アルバムを出したそうで、密林から先日おすすめ商品としてメールが来た。新譜はそんな所でしか情報を得ない、新しい物には本当に疎い生活になっている。しかし、アルバムが出ると必ず買っていたアーティストも年々減って行く中でこの人はいまだにまだ聴いてみようかな、と思う一人である。さてこのダイアナ・ロスの“love will make it right”はドナルド・フ...

秋天2012

“10 to 11”by Hiram Bullock Hiram Bullock/way kool (1992)もう11月になろうと…早過ぎだろ。◇天皇賞・秋◇先週の菊花賞、適当に選んで買ったら的中。おまけにこれも適当にチャチャッと選んで買ったWIN5も的中。まじかよ!!と配当を見たら7320円だった。これは史上最低配当かな?5レース中4つが一番人気だったからね。WIN5初的中がこんなもんかと。まぁ、2点買いの200円が7320円になったので効率は良いですね。で、あまり考え過ぎると...

秋たけなわ

“autumn song”by INCOGNITO一時期抜けていたメイサ・リークが復活したインコグニートの2004年作。もう8年前のアルバムになるのですか、これが。確かにこれを買ったCD屋さんはもう無くなってしまったし、そう言えばもう10月も半ばを過ぎているのかと、時の流れの速さをここでも感じてしまいます。この曲ではないですがインスト・ナンバーで1曲のみ、ここでもジョージ・デュークがフェンダー・ローズを弾いていたりします。精力衰え...

トレジャー2012

◇宝塚記念◇明日は上半期を締め括る、宝塚記念ですね。この宝塚記念と言うグランプリレース、自分はあまり相性が良くない。有馬記念は13回ほど当てているのだが、宝塚は7回しか的中していない。有馬の約半分だ。宝塚を当てるには、ヒネりが必要なのだ。今まで優勝した馬を見てみると、とても良くわかる。実力はあるのだが、GIでは惜しいレースが続き、勝ちきれなかった馬。もしくは、トントン拍子に上がって来て、皆半信半疑のまま...

優駿2012

去年のこの時期は車のトラブルでついてないとかなんとか。先日、その車の車検出しをして来ました。95年式なのでもう17年落ち、当然塗装がボロボロで、今年は車検ついでに思い切って全塗装してあげようと。そうなったらエンブレムやメッキのグリル・パーツ関連全部交換、そういえばバネが切れてワイパーが効かなくなっていたなと、これも交換しちゃおう。いやいや、ここまで来たらシートもきれいにしちゃおうかな、そうだシートの張...

オー! クラーク・シスターズ(これは無理やり)

今のアメリカ産ブラック・ミュージックには無い、どこか懐かしいブラコンの世界を思い出させてくれるのが現在のゴスペルだったりして、宗教云々ではなく単に音楽として楽しみたいだけで時々手を出したりしているのです。ここのところのお気に入りはこのクラーク・シスターズ。ゴスペルはライヴ・アルバムが多くこれもそのひとつで、いやぁ、それにしてもこの観客のノリは凄いな。聴き続けて行くとやはりゴスペルらしさが出てくるの...

春の女王

ひたすら眠い。ここのところの公出・連勤続きで、身体のリズムが狂ってきたようです。やはり、何事にも休息は必要ですわな。ここのところ、大御所アーティストの廉価5枚タイトルセットと言うものが流行っているようで、アナログで持っていたりしてCDを買うほどではない・・・みたいな存在でもなにしろ5タイトルがセットになって1600円程度なので一枚あたり300円チョイですから手軽に手を出せたりしますね。最近買ったのはRHINO企画で...

春天2012

◇天皇賞(春)◇こんな一本被りのGIも久しぶりである。最近ではディープインパクトくらいだったかな。しかも今回の主役は「暴れ馬」でもあるところが面白い。前走は見事に引っかかって逸走。しかしそこから巻き返して2着にまで押し上げて来たのはすでに有名な話。これでますます人気が上がってしまった。しかし、いくら化け物っぷりを見せつけたとは言え、危なっかしい暴れ馬でもあるわけだ。実際に前走では負けてしまい、1.1倍の単勝...

シンデレラとプリンス

飯島真理/blanche (1984)と、言うわけで今週も真理ちゃんを。私が気になったのは純粋にこの人ならではの音楽。坂本龍一のプロデュースと言う恵まれたデビューをした彼女でしたが、なにしろ全曲を作詞作曲した彼女の生み出すメロディーラインのセンス。けしてマニアックにならずに、その可愛らしい歌声とのバランスも良くて、それでいて、バックグラウンドにある音楽の深さ、見識が作るメロディーに溢れていたからなのです。他の誰...

バラと桜

このアルバムを夢中になって聴いていたのがもう、30年近く前の事になるのかと、本当に、月日のたつのは早いものですね。洋楽ばかりに興味があった時に、この人の曲がとても新鮮に響いてきて、当時の自分としては珍しく邦楽アルバム買い。彼女の生み出すそのメロディ・センスはかなり様々な音楽を聴きこんでのものだな、と唸り、しばらくの間自分の部屋でヘヴィ・ローテーションされていました。アニメの声優としても活動していた彼...

明日はGI

ここのブログは毎回内容がたいして変わらないのに、何でカテゴリ分けしてあるの?みたいな意見を頂戴しましたが(笑たしかに、いつもだいたい音楽を1曲、競馬の予想をひとつ、みたいな感じで内容は変わりませんね。カテゴリはその時、一番重きを置いているものに対してつけているだけです。音楽の方が重要なら、「棚から一枚」や「音話とぅでい」、競馬予想に力が入っていたなら、「今週のメイン」だったり。時には、「何これ」や「...

I am glad too.

人が喜んでいる姿を見て、 自分も嬉しく思う。 そんな人間にならなければね。 素直に言おう。 良かったねと。 “I was glad” by Andraé Crouch   この曲にハマッたらこちらも。 自分は鍵盤できないけど、 こんなコードをサラッと弾けたら楽しいだろうなと。 憧れます。 Andraé Crouch/mighty wind (2005) ◇フェブラリー・ステークス◇ 今年初のGI。 なかなか良いメンバーが揃いましたね。 ◎10 ワンダーアキュー...

GOLDEN CUPS 2012

明けましたおめでたうございます。 昨年最大の衝撃、東日本大震災の影響で、今年は新年のお祝いを自粛するとか、 年賀状に「おめでとう」と書くのをやめるだとか、 書きにくい、みたいな風潮があったようですが、 それって、自分としてはどうなの?と言う感じでした。 実際の被災者の方々の心情としてならしかたがないのですが、 ほとんど関連のない人、ましてやメディアがそのような事を言い出すのは余計すぎる配慮、 まったくもっ...

有馬記念2011

横倉裕、このブログで3回目の登場です。“this christmas”で手の込んだ映像がアップされていました。ジャケ写一枚ではなくアニメーション・ソフトを使ったものらしいのですが、動きのしっかりあるクリスマス満開な映像も良いし、なにしろこの曲を選曲と言うのもウレシイですね。ダニー・ハサウェイのオリジナルが説明不要の大名曲、これはGRPのクリスマス・カバー集に収録されていたナンバー。とっても歌いやすいのでカラオケでもい...

阪神JF2011

明日は今年初めての忘年会。忘年会第一弾なのだ。年末にする飲み会が忘年会だから、今年初めてと言うのは当たり前なようだが。同じ会社の、普段はなかなか会えない同僚との会。競馬仲間でもある。不景気を嘆くも良し、馬券的中を自慢するも良し、全員ハズレだけは勘弁。まぁ、良い酒になる事を願うばかりで。さて、そんな話ばかりなので1曲。コルネットとフリューゲルホーンを操る新鋭ジャズ・ホーン奏者ブルース・キャメロンのど...

JCD2011

◇ジャパンカップ・ダート◇ジャパンカップと言いつつも、外国馬が一頭も出ないダート版ジャパンカップ。先週と比べてなんとも名前負けなレースなのは毎年同じですが、国内最強砂王決定戦と言う事で。そのかわり外国人騎手がいますから、やっとの事で国際戦ってところかなと。◎16 トランセンド〇6 エスポワールシチー▲13 ダノンカモン△2 ソリタリーキング△5 テスタマッタ△9 ワンダーアキュート△10 フリソ△12 ニホンピロアワ...

米独仏vs日/ジャパンカップ2011

今日のBGM “Nordic winds” by L.A. EXPRESS 70年代中期にトム・スコットのユニットで活動していたベース奏者Max BennetとドラマーJohn Guerinの二人が中心となって独立したクロスオーバー・ユニットの2作目から“Nordic winds”を。ギターがファーストではRobben Fordであったのに対し、今回は後にニューエイジ系インスト・ミュージシャンとなるPeter Maunuにバトン・タッチ。各人が曲を持ち寄るスタイルのアルバム構成で、これは1...

マイルCS2011

今週、やっと扇風機を仕舞い、いやぁ、最遅記録だなぁ、と思っていたら今日まで出しておけば良かった状態に。しかしムシ暑い。駅から約18分歩き、最後は200mはあろうかと言う坂を登りきって自宅に着く自分としては、今日のような生暖かい雨の日は暑いのなんの。なんと、部屋の室温は22.5度をさしております。異常気象はここ最近多いものの、どうなってんだと。ここは神奈川県ですよ。静岡や高知、沖縄ではないのです。◇マイルチャ...

エリ女2011

先週は軸馬がブービーだったからね。3番人気だったから無謀な穴狙いと言うわけでもなかったのだけど、やはり競馬は難しい。だからこそ面白いわけなのです。さて、リンダ・ルイスでも流しながら、予想しましょうかね。名盤「Lark」の次作にあたり、ハミングバードの連中が全面的に参加しているポップ感の増したアルバム。今日はその中から“on the stage”。 Linda Lewis/fathoms deep (1973)◇エリザベス女王杯◇かなり良いメンツです...

みやっこ!

11/3大井でのJBCは堅かったね。祝日なので当然仕事の私は休憩時間に携帯から買おうと思い、クラシックのオッズを見てあ然。地方とは言え重賞で馬連100円なんて初めて見たんじゃないかな。これではどうしようもないと。こういうレースにぶっこむものではないのです。競馬は銀行じゃないんだから。で、予想して面白そうなスプリントの方だけ買ってみました。ダッシャーゴーゴーが人気してるし少しは波乱があるかなと。したらやっぱり...

秋天2011

夏がからっきしダメだった反動なのか、秋は逆に絶好調。ここのところメイン重賞5連勝しております。明日の天皇賞も当てたいレースと言ったところ。◇天皇賞(秋)◇◎7 ダークシャドウ〇5 ブエナビスタ▲18 アーネストリー△4 エイシンフラッシュ△8 ペルーサ△11 ローズキングダム△13 ミッキードリーム府中専用機と仰るなかれ、春の大阪杯でも本格化を証明したダークシャドウをベスト条件で本命。昨年からケチにケチのつきまくった...

weekend in 自宅

 先日、とあるショッピング・モールに出掛けたらBGMに“on broadway”が流れていた。 この曲でまっ先に思い出すのが、私にとってはジョージ・ベンソンの「weekend in L.A.」なのです。久しぶりに聴きたくなってCDを探してしまいました。    クロス・オーバー/フュージョン系の音楽を聴き始めた頃のアルバムと言うのは印象深いもので、その前に出していた「breezin'」よりもこちらの方が好きでしたね。邦題「メローなロスの週...

秋華賞2011

◇秋華賞◇◎12 ホエールキャプチャ○4  アヴェンチュラ▲15 マイネイサベル△1  キョウワジャンヌ△10 スピードリッパー△18 マルセリーナGI善戦ガールが押し出されて一番人気。常に上位に来る安定感はあるが、ここでついにGI獲り、・・・とはスンナリと行きにくいイメージ。しかし3連馬券なら軸にはうってつけ。元々の素質馬がこの夏上がってきての4が対抗。重賞常連の15も上昇。逆転なるか。やっとの権利獲りっぽい1だが、まぁ...

ナメクジとスプリンター

(^^;)イントロだけは“mama coco”なのね・・・。ちなみに、このパクリシリーズはボストン、ジャーニー、サンタナなどのパターンもあるらしい。・・・はは、何か見た事ある名前と思ったら。こんな仕事もしていたんですねぇ・・・(内輪ネタですいません)◇スプリンターズ・ステークス◇秋のGIシリーズが始まりました。ここから有馬記念までが毎年速いんだ。あっと言う間に年末です。では、当たらない三連馬券予想第一弾。大軸になるのがロケット...

お宝塚2011

◇宝塚記念◇一年を締めくくるグランプリとしての有馬記念に対して、半年を経過したところのグランプリレースを関西で、と言う実は夏のボーナスシーズンを当てこんだところがミエミエの宝塚記念。やはり出走馬も盛り上がり方もイマイチだったのですが、今年はなかなかの好メンバーですね。図式はブエナビスタvs世代最強4歳勢となっております。はたしてそうなのか?◎4 エイシンフラッシュ〇3 ルーラーシップ▲8 ブエナビスタ△9 ロ...

ロイヤル・ウェディングと天皇賞

アルフォンス・ムーゾンがケツの穴の小さい奴だと言う事はわかった。まぁ、先週の皐月賞もハズレだったからいいけどね。バイバイ、ムーゾン。何の事だかわからない?それでいいんです。わかっちゃいけないこんなブログは。これからもこんなカンジで自由に行きますんでどぞヨロシク。さて、昨日は英国・ウィリアム王子のロイヤル・ウェディングがありましたね。かのプリンセス・ダイアナからもう30年なのですね。あれー、そんなに?...

新年

明けましておめでとうございます。私はいつものことながら年末年始は仕事をしていましたが、大晦日から昨日までの5連勤ですみました。昨年の11日連続勤務から比べたらたいしたことないですね。で、やっとのことで自分もお正月です。今年は自分らしさを取り戻して、仕事にプライベートに、世の厳しい荒波を乗り越えて頑張っていきたいと思います。ここでの独り言は、そんな中での息抜きだと思っていただけたら幸いです。もちろん楽...

Grand Prix 2010

一年が早いですね。今年ももう有馬記念です。今日は80年代の寄せ集めグチャグチャ・フュージョン・プロジェクト、「FUSE ONE」から“Grand Prix”を。イントロだけで、ああ、ロニー・フォスターだなぁって曲ですねこれ。途中のベースソロは言わずもがな、ワンパターンながら聴けばすぐに誰だかわかる個性がステキなあの方です。はは。しっかし荒いレコーディングだな。 FUSE ONE (1980)◇有馬記念◇◎7 ブエナビスタ〇12 ドリームジ...

someday we'll all be free

説明不要、ダニー・ハサウェイの大名曲。いまだに、本人が歌う原曲がヴォーカル、アレンジ共に最高だとは思いますが、今日はセルジオ・メンデスのカバー・バージョンにしておきましょう。時代が時代だっただけに、この歌の真意は諸説あるそうですが、それは厳しい今の時代にも当てはまるのではないかなと。今日は、ただこの歌の題名をストレートに受け止めたい気分です。 Sergio Mendes (1975)◇ジャパンカップ◇◎16 ブエナビスタ〇...

エリザベス女王杯

英国ポップ界の女王であったダスティ・スプリングフィールドの“no easy way down”をバックに、今年も明日のエリザベス女王杯の予想をしてみましょう。いかにもキャロル・キング作らしいメロディーがしみじみと秋の夜長に合いますねぇ。◇エリザベス女王杯◇◎9 メイショウベルーガ 堂々の軸〇6 スノーフェアリー▲5 アパパネ△1 コロンバスサークル△7 サンテミリオン△10 ヒカルアマランサス△12 アニメイトバイオ△16 アーヴェイ京...

アルゼンチン共和国杯

先週は「試しに」ブエナビスタをはずしてみたら見事にブエナが突き抜けました。おそれ、いりました。これではJC、有馬でももう逆らえませんね。勝ちっぷりも見事と言うしかない。ペルーサもアーネストリーも買ってましたが1030円の配当だったからまぁいいかと。これで2着がスーパーホーネットの中穴馬券だったら悔しかったでしょう。さて、明日の話の前にとりあえずこれでも聴いていただきましょうか。明日のメインはアルゼンチン...

秋華賞2010

明日は秋華賞。去年は的中しましたが今年は難しいですね。なにしろ桜、樫と全部はずれています。その、両方のレースで買った馬が今回もすべて出走するんですね。こんどこそ来るだろう、とまた同じ馬を買おうかと思いましたが、やっぱり今回はちょっと路線を変えて選んでみたいと思います。これで外れたら今年の三歳牝馬とは相性が悪かったと言うことで。もともと牝馬(女)とは相性が良くないんですけどね。〇秋華賞〇◎17 ワイルド...

一周年

そういえばこのブログのようなモノを始めて一年が過ぎました。拙い競馬予想と駄文ダラダラの音楽話、その他アホ話等におつきあいいただきまして、ありがとうございます。どんな事を書いていたのか自分でも見てみまして、昨年、ここを始めて間もない頃に尾崎紀世彦の思い出を語っていたようでしたが、そこに貼り付けたyoutubeはすでに削除されていたようです。その代わりに、その時には無かった「ふたりは若かった」と言う曲がアッ...

Appendix

プロフィール

mars

Author:mars
何だここは ここは何だ ヒヒーン

検索フォーム

QRコード

QRコード

(^^)